クレジットカード現金化の豆知識

自分でやるクレジットカード現金化の注意点

更新日:

クレジットカードの現金化は個人で行うことも可能です。

しかし、自分で現金化をする場合、手間とリスクもありますので簡単に説明します。

一番手っ取り早い方法は、ご自身のクレジットカードで価値のある商品(ブランド品・商品券)などをリサイクルショップや金券ショップなどで転売する方法になります。

しかし、この手の方法は、カード会社が目を光らせており、すんなりカードで商品を買える訳でもありません。

購入時に、カード会社から連絡が入ったり、購入するにあたって色々と聞かれる場合などもございます。

個人で現金化する場合は、様々なデメリットもあるので、ご注意頂きたい。

自分でする現金化は頻繁にすると怪しまれる

現金化することはカード会社でも禁止事項となっていますので細心の注意点を払って自分で現金化しなくてはなりません。

特に換金性の高い商品の購入を頻繁に繰り返していれば怪しまれても仕方がありません。

高換金率の商品でも種類を分けたりカードを複数枚利用してローテーションを組んで回せばそのリスクも低くなるのではないでしょうか。

最近流行りのアマゾンギフト券などはクレジットカードでのみ購入ができる商品も現金化する商品としては良い選択となるでしょう。

ネットショッピングの経験があれば問題ないと思われますが苦手な方には少々ハードルが高いので専門業者で現金化するほうが手間と時間を考えれば効率的な場合もあります。
1ヶ月何回も同じクレジットカードで現金化することはとてもリスクがある行為と言えます。

自分で現金化する際の注意点

個人で現金化する際の注意点は、クレジット会社にバレないように商品を購入することです。

原則的に転売目的でクレジットカードで商品を購入することは、規約違反になってしまいますので、ご注意ください。

そのようにならない為には、自然に商品を購入するように見せかける事が大事になります。またその内容についても口外しないようにしてください。

今現在では、換金性が高いブランド品や新幹線の回数券などをクレジットで購入する行為は、カード会社はてとも厳しく警戒しております。

上記のような商品を大量に購入したり、高額な金額を購入する場合もクレジット会社から連絡があったりすることもあるようです。

もしそのような行為が発覚した場合などは、クレジットカードの利用停止や何らかのペナルティを科せられてしまう可能性もあるので気をつけてください。

自分で現金化する場合などは、大変、大きなリスクをともないます。個人で現金化するよりも、安心の老舗業者などで利用する方が安全といえる場合もございますので、当サイトで紹介している優良現金化サイトを比較し参考にしてみてください。

クレジットカード現金化超比較|評判・口コミで選ぶ優良店まとめサイト:TOPページ

-クレジットカード現金化の豆知識
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化超比較|評判・口コミで選ぶ優良店まとめサイト , 2018 All Rights Reserved.